お盆の由来

お盆とは

仏教用語の盂蘭盆(うらぼん)の省略形として「盆」(通常「お盆」)と呼ばれている。盆とは文字通り本来は霊にそなえる供物を置く容器をも意味するため、供物を備え祀られる精霊の呼称となった。
またお盆は、比喩として使われることもある。「盆暮」(ぼんくれ)などと時季を指す言葉としてや、「盆と正月が一緒に来たような」という「とても忙しいこと」または「喜ばしいことが重なること」のたとえ慣用句としての使用法がそれである。

中華文化では道教を中心として旧暦の七月を「鬼月」とする慣習がある。旧暦の七月朔日に地獄の蓋が開き、七月十五日の中元節には地獄の蓋が閉じるという考え方は道教の影響を受けていると考えられる。台湾や香港、華南を中心に現在でも中元節は先祖崇拝の行事として盛大に祝われている。

一般的には仏教の行事と認識されているが、仏教の教義ではどうしても説明できない部分が多くなっている。亡き先祖の霊がお盆旧暦の7月15日、8月15日に下界に下りてくるという仮設に、日本在来の民俗行事に仏教行事の盂蘭盆が習合して現在の形が出来たと考えられている。

旧暦の8月15日に日本中の人が民族大移動で自分の実家や祖先のお墓に行く事は言うまでもない。

盆の明確な起源は分かっていないが、1年に2度、初春と初秋の満月の日に祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流する行事があった(1年が前半年と後半年の2年になっていた名残との説がある)が、初春のものが祖霊の年神として神格を強調されて正月の祭となり、初秋のものが盂蘭盆と習合して、仏教の行事として行なわれるようになったといわれている。日本では8世紀ごろには、夏に祖先供養を行うという風習が確立されたと考えられている。地方や、佛教の宗派により行事の形態は異なる。

また、お盆時期の地蔵菩薩の法会は「地蔵盆」と呼ばれ、(天道)大日如来のお盆は大日盆といわれる。

 

DSC_1033aaa.jpg