花まつりの由来について

hanamidou.jpg花まつりの由来日本では4月8日を「灌仏会」お釈迦様のお誕生日として
様々な草花で飾った花御堂(はなみどう)を作り、その中に甘茶を満たした灌仏桶を置き、中央に誕生仏の像を安置して柄杓で像に甘茶をかけてお祝いする習わしがあります。
甘茶をかけるのは、釈迦の誕生時、甘露が降り注いだとの伝承から行われるようになったようです。


「花まつり」の名称は明治時代に暦がかわり、灌仏会の日付が4月8日と決まった後、関東地方以西で丁度桜が満開になる頃である事から浄土宗で採用された呼称で、それ以来、宗派を問わず灌仏会の代名詞として用いられています。現在では甘茶を参拝者にふるまったり、お寺が経営している幼稚園や保育園では、子どもたち皆で甘茶をいただいたり、甘茶で習字をすれば上達するとのいわれから、書道を行ったりすることもあるようです。

弊社では、毎年行われる「花まつり」に向けて、花御堂、誕生仏、灌仏桶、柄杓、甘茶ティバッグ、甘茶キャンディ、花あられ等、さまざまな商品をご用意しております。

お気軽にお問い合わせ、御注文、くださいませ。

 

花まつり用品案内